FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Testimonial To Dunedin

Sat.19.01.2008
あなたは本当に愛する地がありますか?

我は声を大にして言いたい。


「大好きだ、Dunedin」


偶然という散りばめられたピースがこの地Dunedinへと我を導き、
それぞれのピースがまるでパズルのようにはめ込まれ必然と成す。
そんな偶然という名の必然に本当に感謝する。


ずっと思い続けてきたこの国に、
舞い戻り、問い返し続けてきた我のこの一年。
ただ、何かが自分の中で足りない。

遠回りでも良いと思う。ただその大きなコの字をしっかりゴールには向わせたいと思う。

また戻ってくるよ。
ただ今度はもっと大きくなって帰ってくる。

また会おうDunedin。

141_4135.jpg



R.E.M. 「At My Most Beautiful」

I've found a way to make you
I've found a way
A way to make you smile

I read bad poetry
Into your machine
I save your messages
Just to hear your voice
You always listen carefully
To awkward rhymes
You always say your name,
Like I wouldn't know it's you,
At your most beautiful

I've found a way to make you
I've found a way
A way to make you smile

At my most beautiful
I count your eyelashes, secretly
With every one, whisper I love you
I let you sleep
I know you're closed eye watching me,
Listening
I thought I saw a smile





スポンサーサイト

空蝉

Tue.27.11.2007
Dunedinにも蝉が鳴きだす季節となってまいりました。
St. Clairの崖の道を歩いてると、一匹の蝉が相手を探すかのように
悩ましげに、さえずるという表現の方が適切な様子で鳴いていました。

寒い、寒いとは言っても夏の季節がしっかり南半球を覆い始めております。
NZは夏でも日中と夜半の温度差が10度以上あるにもかかわらず生き物はしっかり
着実に生命の営みを育んでいまね。

桜の時にも思ったけど、こっちの生き物は日本に比べてたくましいな。
やはりその気候気候にあった生態系を形成しているのかな?
まぁ、日本のあの夏の暑さで「生きろ」と言われても、
もし自分が蝉なら一週間で良いですとも言うかもしれないが・・・

今日も我が住む町Mosgielは平和です。
P1050563.jpg

続 運転免許

Fri.09.11.2007
さてさて、3週間前の運転免許筆記試験終了後、
10月の終わりに次のステップ、運転実地試験を受けて参りました。

このNZに来ての10ヶ月。
週の半分は車に乗っていたので運転は慣れたもの?なもんで全く問題なし。
これもそれもいつも車を貸してくれるフラットメイトに感謝。

ほとんど試験内容の把握無しに行ったのだけど(筆記試験の時とは違い強気)
危険ハザードがどうのこうのって、教官より今の交差点でどんな危険が車に対して
どの方向にあった?という試験科目がありまして、そんなの知るか?とか思いながら
まぁ、後ろと前とかに危険があったとか、ありえそうな事言ったら当たってた。
と言うか、ほとんど試験中車に対して何も起きずほとんど危険無しが
答えでした(笑)

そんなこんなの試験も無事終わり、その場で合格との通知。
今週の中程に正式な免許書が郵送されてきました。

まぁ、これで十年間更新無しの免許書を得る事が出来たわけです。
12345.jpg


そんな中で今日は運転免許の教本をパラパラッと読み返してみたら、
15歳の誕生日より運転免許の取得(制限つき)の資格があるとの事。

でも、たまぁにどう見ても小学生のガキが車を運転してるんだよね。
そんなのが普通にガソリンスタンドで車にガゾリンいれて、レジで支払いまでしてる。
これにはウケタ。

少なくとも安全運転してくれれば良いけど、子供だから車持てばイキガルのが常で、
エンジンふかし~の、急発進だの、街中でぶっとばし~の、
一杯無理するのだろうなぁ。

Supercar 「YUMEGIWA LAST BOY」


Supercar 「STROBOLIGHTS」

The Larnach Castle

Wed.07.11.2007
I fully recommend you to visit the Larnach Castle, the only castle in NZ built in the latter 19 century, especially the mature people who are really interested in English garden and natural NZ plants.

With the full of beauty of the well-treated plants and the maintained garden,
the castle absolutely appears gorgeous sight.

Furthermore, you also enable to stay in the accomodation located in the garden
with looking over the beautiful Otago peninsula view from the window of the accomodation.

P1050408.jpg


なんかどっかの広告代理店の謳い文句みたいな文章になってしまった。
今日はNZにある唯一のお城「ラーナック キャッスル」に行ってきたのですが、
お城と呼ぶにはちょっと物足りないものの、庭が素晴らしかった。
5年前も訪れた事はあったけど、今回はゆっくり、じっくり庭を見る余裕が
自分の中に出てきたのか前回の訪問とは違いとても楽しめた。

入場料は高いけど、庭が好きな人はぜひDuendinの観光で行くべき場所の
ひとつだと今回の散策で感じましたよ。
P1050412.jpg

モ~ウ牛

Tue.06.11.2007
8時頃から夕焼けが始まり、9時に日が落ちる最近のDunedin。
今日の朝はMosgielの丘の上にはうっすら雪化粧などしてまして、
もう夏も駆け出し始めているはずなのに全く持って訳が分らん天気です。

まぁ、それもこれもNZは1日に四季があると言われてる国なので
ビックリもしませんが・・・


そんな中、夕食も早く今日は済ましたので久しぶりに夕焼けを撮るべく
丘の上から太陽を望んできました。
P1050394.jpg

冬の太陽と違うのは、傾く場所が違うということ。
夏に向かえば向かうほどこの国では太陽は南側に位置していく事を今日発見しました。

その写真の撮影中、農場に入って撮っていたのですがそこにはイカツイ角を生やした
牛のご家族。
ついでだから命一杯近づいて彼らの写真も収めていたら、見事に鼻息が荒くなってきた。
ちょっと寒いから鼻息も蒸気のように噴出してるのが見え、いっそう威圧感がある。

そして段々近づいてくるんで慌てて逃げたらあっちも我を追いかけモ~ウダッシュ。
柵を焦って登ったら柵にズボンが引っかかって思いっきり脱げた。

牛を見ると勝ち誇った顔をして我を見下していたのでしたorz
あぁ、牛に見下される我って一体・・・
P1050388.jpg

 BLOG TOP  » NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。