FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馳せる思い

Fri.30.01.2009
着々と時間が足跡を残して過ぎていく。


それらは消えていくけど、一つ一つは確かな糧となって残っていくのだろうな。



違った時間を過ごししていた人がある時に重なり合って同じ時間を共有し、また離れていく。
そんな事が人生の中で数多く散りばめられている。


そんな偶然はかけがえの無いもので、
実は普段の平坦で平凡な日々を一緒に過ごしいているのが、実は大切だったと後に気づくのです。


貴重な思い出を共有した友人に会うべく、時間を取り戻すべく
ほんの少し自分に行動力があれば比較的簡単にその一瞬を取り戻すことはできる。
同じ国に住んでるならば・・・


しかし、
他の国に住む人となるとそれはなかなか難しい。


インターネットの普及でダイレクトに本人と繋がれる。
その副産物は簡素になりすぎた手段が府と絶たれた時、
一生取り戻せない結果を招いてしまう。

家の住所も聞くことが無い。
残るは使われていないEメールアドレスだけ。

その友人との繋がりがそれまでだったとも言えなくもないけど、
本当に会いたい友人とは、自分の一方的な気持ちかもしれないけど
それでは悲しすぎる。




今回、母のお供で韓国に行くことになった。
そして府と思い出した。
そう言えば、あの友人はどうしてるんだろう?っと。


もう二年もやりとりをしていない。
そんな状況で送った一通のEメール。
彼女は見てくれるだろうか? そんなことを思いながら軽い感じで送ってみた。

日にちが経ち返信がない。
パソコンのメールで毎日チェックしながら落胆の日々。

一週間が経過したころ、いつも昔のようなやりとりをしていたそのままの感じでメールが返ってきていた。
正直駄目かぁと思っていた気持ちが嬉しくなり、昔の記憶が戻ってきた。


6年前の自分。
NZで右も左もわからなく右往左往しながら、
まだ考えも全て若くて、やる事、見ること全てにエキサイティングしていた自分。

一緒の敷地で過ごした数ヶ月間にそんな自分を諦観視していた彼女は今はどうしているのだろうか?
どんな風に隣国の落ち着きの無い阿呆な人間を見ていたのだろうか?
歴史的に言えば色々なすれ違いがあってうまくいかない関係だったかもしれないのに、
純粋に人間通しで話し合っていた相手。

懐かしいな。





Eメールのやりとりは便利であり、必要不可欠だけど
やっぱりアナログな手段が一番素敵なんだと今回の件で感じたのですが、

とりあえずは

会う日取りも取り付けたし、
韓国楽しみです。


ちなみに元彼女とかではありません。


でっ、これからは日記はmixiに書きます。
このブログは写真メインで行こうと思いますわ。

本格復帰はまたNZ復活の時かな。




Bob Marley  「One Love」
スポンサーサイト

浅くて深い

Sat.17.01.2009
ブックオフは我の宝島。

IMG_2134.jpg



興味をそそる本の連立はあれもこれもと手が出ては「フムフム」
トイレに行きてぇと股間モゾモゾ我慢しながら瞳は輝きっぱなし。


そんな中で選んだ本達だけど、
残念ながら読んでは見事に内容を次から次へと忘れていっているのが我の情けない事実なのです。
結構今まで多少なりは本を読んでるけどほとんど何も残ってねぇ。


意味無さ過ぎだよ。



さて、内容とは別ですが本繋がりで我には本のコレクションがあります。

それはサーフィン雑誌。
かれこれコツコツ古本屋なり書店から買いあさっていて
既に本棚が沈むほどの量になっていてヤヴァイ。でも、捨てられないのです。

100冊は超えていてどうしたものか。



写真を見ては綺麗な海、海外の地、Aフレームの波などに思いをはせるのです。

IMG_2135.jpg

I am in pea soup

Tue.25.11.2008
前がモヤモヤしていて、

すんごい微妙な毎日だな。
忙しいけど、その忙しさには何もない。もっと色々な事に真剣にならないと・・・



愚痴みたいなものはこの辺に。
結局、頂ける色々なアドバイスは素直に受け取るとはしても、
答えを出すのは自分な訳です。




さてさて、 
この前、浅草に行って参りました。
最近、電車を使わず自転車でいろいろなところに時間が空けば行ってまして、エコです。

遊郭、吉原。
酉の市の発祥の地、千束。
花やしきに浅草寺。
隅田川のウンコ(失敬)

年を取って、何だか山の手西側が僕のお気に入りです。
渋谷の喧騒なんて、少し場違いな感を感じてしまうのです。
もっと、自分て泥臭いじゃん、みたいな。


まっ、そんな事言ってるけど、深くは入り込めないんです。
どこか去勢を張ってるんだろうな。
ただ触りをちょっと覗き見てるだけ・・・

IMG_1793.jpg


運命の糸とは偶然に、とも必然に。

Tue.04.11.2008
最近は忙しい。
適度に遊んで、でもやっぱ忙しい。


眠い、でも色々考える。
そんな感じ。


今日は夜の仕事の明けに軽い仮眠をとってお買い物。
代官山に向かう。

一時期離れていた時期もあるけど一番東京で買い物する町としては。
中目黒、代官山は一番のような気がする。

「HRM]

ハリウッドランチマーケット。
時代に流されず独自の路線を行く代官山の老舗。

ひいでて値段が高い訳では無いけど、手を出しづらい。
そんなお店。
微妙に店自体が個性を主張してるし、店員のファッションも個性がある。

そこのコンセプトを受け継いで?なのかは分らないが、
他に支店のようなものが何件かこの界隈に集中してある。

「OKURA」
「High Standard]
「TOLL FREE」
「Golden Gate」


僕はその中でも
日本の藍染を基調とした「OKURA」には高校生の時よくお世話になった」。
そのスパイスにアメリカアウトドアの「High Standard]と
ヨーロッパテイストの「TOLL FREE」ってな感じ。


今思えば、そこに費やすお金があるならば、もっと広い世界、
旅などをしていたならば良かったなぁという後悔もあるが、



でも、ここの空間に自分の身を置けた自分がいたのも良かったんじゃないかと思う。
流されない、どこか自分の個性が出せる自分の表現できる武器を提供してくれる場所として。



まぁ、前置きは長くなったとして、
久しぶりに「TOLL FREE」に今日お邪魔した。

かれこれそこにあるお店のカットソーをのオリジナルを愛用して5年?かな。
もう、脇の下も擦り切れて穴が開く状態だったので同じ物を求めて駄目基でお店に向かったら、


あるではないですか、
その僕が求める全く同じ生地の色違いではあるがカットソー。

ただちょっと大き目のLサイズ。
しかし、その一点以外もう品切れ。




買いました。


だってそれに心底惚れてしまってるんですから。
たかがカットソー。
でも僕にとっては最強の武器だから。



ただ嬉しかった。

店員さんも僕が15の時から通いだした時には既に代官山に身を置いてる人で、

「長いですね」

と、

このカットソーの思いと共に会話の序章を始めたら
会話は弾み、嬉しくなった。



Kyte  [Planet」

未来のオイラ

Sat.11.10.2008
は村山富市か?

115571833418053-1.jpg


オイラの眉毛から一本のなが~~~~~~~~い白い眉毛。
元々眉毛は原始人並に濃いが、この濃さが故に染色体が早くも老化現象をおこしたのか?
一般的には毛の白くなる順番として最も眉毛が白くなるのが遅いらしい。

あぁ、致命的っか。



そんな白い毛

なんか体の変な所に出てくるそういう白毛は

「福毛」

と呼ばれる縁起物らしい。インターネットの情報に寄れば。



さて、どうしたものか?
どこまでこの毛は伸びるのだろうか?
抜くべきなのか?


どうでもよかですっね。


くだらないって事でパロディ~



Wayne Marshall 「Ganja (Hey Ya Remix)」

 BLOG TOP  » NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。