FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Last Night

Thu.29.03.2007
うん、今日でこの家ともお別れになってしまいました。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。βyё βyё☆彡

多少バス停に近いところに引っ越します。 10分ほど学校に近くなりました、大した差じゃないけどね。



今日はIndustry Practicalの日。

芝生植えてきました。

会社の良い労働力です。

言うならばLabor? いや、Slave?

まぁ、かなり実践的で良いんだけど芝生が超重い。


1つ2、3kg? だけどその量が半端じゃない。

大体多聞150個ぐらいはトラックへと上げ下げしたりと過酷です。


でも、これでも芝生軽いそうです。 何か水気を含むと倍の重さとか言ってた。 (´□`川)ゝヵ゛-ン

マジで殺す気? っとか言いたくなりました。 クタクタです。

「次期に慣れるさ」

とは言うけどいつになる事やら フゥ(o´Å`)=з

ではこちらが今日の成果でございます。

こちらが
P1010442.jpg


このようになりました。

P1010445.jpg


Nice Smile In A Class Study

P1010373.jpg


Nice Straight Shape 巨木

P1010374.jpg

スポンサーサイト

我がアイドル

Mon.26.03.2007
まず始めに、石川県に地震が起きた。

その地域に住んでるいる方がた(私の友人含め)無事であることを祈ります。



えーと、私には姪っ子がおりまして、

今回、NZに旅立った後の成長が見れないのが非常に残念です。

それだけが4年前にNZに来た時との状況の違いかな。

かなりMissing Herです。


現在では非常に便利になってWEBカメラなるものをパソコンに接続しますと、リアルタイム(しかも無料)でテレビ電話が出来てしまいます。

今日は母の誕生日のお祝いでということもあって、兄貴夫婦が実家に遊び来ていて二ヶ月ぶりに姪っ子とパソコン画面で対面。未だ僕が海外にいるという事をあまり理解してないようですが、多少の成長、まだ忘れられてない事に感動。

子供というのはあっという間に成長し、一年でも大分変わるものです。その一瞬一瞬が貴重なものであり、その瞬間を一緒に分け合えられないのはちょっと悲しいものがあります。

ついでに、兄貴夫婦には6月に第二子が生まれるとの事で

これもまた立ち会うことが出来ず残念ですが、 

またも女の子との事。

うちの兄弟は男三人

またアイドルが我が家族に増えますv(≧∀≦)v うれし~

我が家のアイドル 亜瑠磨さん
IMG_0688.jpg

P1000550.jpg




そして我が娘(お婆ちゃん) 御年12歳レモンさん
P1000059.jpg



「From Country road's lylic」

Dark and dusty

Painted on the sky

Misty taste of moonshine,

Teardrop in my eye

あっ、決してホームシックではないですから。 ただ良いなぁと思ってこの詩が





素晴らしい日々

Sat.24.03.2007
「素晴らしい日々だ! 力あふれっ、全てを捨てて僕は生きてる」

うーん、 捨てる事は出来ないけど、力溢れてますっ。

今日は雲海を見た
P1010306.jpg




星空が素晴らしかった


辛口なはずなのに、グラスから甘い匂いがした(こっちでも日本のビールがあります)
P1010316.jpg

P1010317.jpg




最後は関係ないけど、これらの偶然が偶然なようで、必然的に起きた。

巣晴らしいっす。



             「補足」


知ってました? 星は本当にきらめきます、チカチカと。
光り続けるのではなく、蝋燭の灯りのように時には力強く、時には弱々しく何かを訴える様に。

P1010227.jpg
何か好き


ユニコーン
「素晴らしい日々」

お魚さん

Thu.22.03.2007
1999年 3月15日 

独りの偉大な音楽家が亡くなりました。


「佐藤 伸治」



彼との出会い、

あれはそう、10年ほど前。

僕が音楽に興味を持ち、中学の頃に英語を習い始めた頃。

たまたま聴いた音楽番組で、Fishmansというグループのプロモーションビデオが流れた。

その頃は、覚えたての英語を駆使して和訳したら

「お魚さん達?」 

という名前に、

変な音楽、変な声的な音の渦に訳が分からず、そのまま僕の記憶の中から忘れさられてしまった。



しかし、

そう、それは4年前。 ふとした事から彼らの音楽に再び出会い、今ではヘビーローテーション。

僕が思うに今のところ、これ以上の音楽家は日本ではみうけられない。

歌詞の世界、音のアレンジ、奇抜な声と音楽との相性。 一見全部がミスマッチなようで、それが最高なFLOW感を演出している。



ただ、その彼がもういない事は残念でならない。 一度は野外フェスのような環境で聞いてみたかった。

でも、短い人生だったから素晴らしい音楽が出来たのかもしれない・・・・・・・・・・・・・



とりあえず、


ただ、この音を体中で感じようぜぃ」


[Night Cruising]



[Baby Blue]



[ひこうき]



[Walking In The Rhythm]


All crips are 

「Fishmans

Ass Hole Feature's Dick Head '失礼'

Thu.22.03.2007
 ウォォォォォォォォー!!! もう嫌だーーーーーーーー。


 今日は朝から我がMP3プレーヤーが調子悪くなり

 いつもの事だから学校から帰ったら、


「おいよっ、ちょっとそこで仰向けになって」

 てな感じで診察してあげて、

「おっ? ちょこっとその狭い穴だね... チョコットほじくってあげらぁ」

 と、チョコちょこっと入れたり出したり........


........
..................
..........
.................................

「あらま、変なネットリとした液が?(ー△ー;)エッ、マジ?!!! 」


「そんな気持ち良かったん?」


 って聞いてあげると、


「うん、すっごかっった」

 ってな返答が。





 ってのは冗談で、うんともすんとも言いましぇん...


 という事で、お陀仏、さよなら。何妙法蓮華今日。今までありがとう、我が恋人よ!!! 青い海へと愛と共に散ぱいしてあげてあげるからな。


 

.........そんな風に踏ん切り着けられたら良いんだけど、あぁぁぁぁぁー、また辺なのにお金が飛んでしまうーーーーーーー



ついでにその過程でパソコンいじってたら、パソコンもいきなり固まって再起動かけたらブラックアウト(; ̄Д ̄)なんですと?


「そんなにMP3プレーヤーにかまってばかり」

 ってな声が.............


 とりあえず、


「そんな事無いぜ、俺っが見てるのはお前だけだっ」


 って繋ぎ止め、


 ナントかセーフチーモード?ってなやつへと持っていき、

 念のため即効2ラウンド目?(バックアップ

 これに二時間、画面との真剣勝負。
 

 そしたら、気が落ち着いたのか、


「あんたなんか3番目のおとこっ まぁ今回は許してやるわっ」

 と捨て台詞を残し


 その後また再起動したら元通り? 普通にパソコン起動щ(゜ロ゜щ)そんな…


 この二時間の全ては一瞬で只のムダな物へと(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル  


「馬鹿野郎、この自動演算記憶装置め」


 って、叩きたいのも山々、握りこぶしをニギニギしてる指を一つ一つ解いて、とりあえず三番目の男として尻に引かれながら関係修復。

 

 もぅ、僕はこんな生活は終わりにしたい.......

そんな僕を癒す曲は


カントリーでっす。

John Denver 「Country Road」


鼻から....

Tue.20.03.2007
うーん、僕をいつも悩ます問題があるハァ━(-д-;)━ァ...

それは、サーフィン終了後大量の水が鼻からしたたり落ちる事である。


「うぉ、来た、来た、来た来た来た来たたたたたたた」


ってな感じで時には滝のように垂れてきます。

鼻の中には網の目のように細長い空間があって、そこの中に水がサーフィンしてると入ってくるんす。 特に波に洗濯機状態に巻かれたときはとんでもない事になります。

来ると分かって出てきてくれれば良いんだけど、顔を傾けたりすると不意を疲れて出てくるんすよ。 しかもサーフィン終了後2、3時間後の忘れた頃に「すぅーーーーー」っと

アホ面満開です ̄Д ̄ 

サーフィンのイメージはカッコいいと思ってる人は多いと思うけど、結構突っ込みどころ満載なスポーツです。


こんなの

「さぁ、女の子と良い雰囲気になってきたぞ」

ってな時に起きると雰囲気台無しっす。

まぁ、今のところそういう相手がいないから良いんだけど、はっはっは! 

最後は自分の首を絞めました(´Д`。)、話の筋が違ったはずなのに。

そんな僕を癒すものは......


聞けば聞くほど結構はまってきます。 

ハナレグミ 「家族の風景」


It's Over

Sun.18.03.2007
Daylight Saving(サマータイム)が終わった.....

日本との時差が短くなり、日照時間が更に短くなってゆく。

ここDunedinは秋を一瞬で通り越し、冬へと向かいアクセル全開


っていうことで背景変更。

気分も一新。テンション上げていこうではありませんか



ところで、今新しい事を始めましてフェルトで鞄を創っております。

元来物創りは好きなもんで、不器用ながらもたまの気が向いたときはヘンプでストラップを編んだり、

いつも身に着けているネックレスなんかも自分で作ったりしてました。


で、ですね。 うちの母が今月末に誕生日でして、恥ずかしながらも彼女のためにセッセと鞄を創っております。

親孝行も全然出来ずにいつも迷惑かけてしまい親不孝な息子でありまして、

幸か不幸か離れてみると親の大切さを知るものです。

うちの家庭は結構色々ありまして、その分は全て母親に負担が及び、それにもへこたれず今まで育てて頂いた母に、ささやかなプレゼントになればなと思います。

まぁ、そんなお涙頂戴みたいなのは好きじゃないんだけど、喜んでもらえたら幸いだな....



Big Saturday
P1010124.jpg
P1010131.jpg

夏の終わり
P1010139.jpg
P1010146.jpg

どうでしょう? この色の配色は?
The bag for my mom
P1010150.jpg

コーヒーと共に

Sat.17.03.2007
 一昔前にこんな素晴らしい人などがいると、今の音楽業界のPoP重視の流れにはにはへどが出ます(PoP大好きだけど)

 こんな風にピアニカをかっこよく弾きたいものです。 このフロウ感はたまりません

 

ついでにこっちでへんてこりんなプロモーションビデオを見ました。
シリアス&センチメンタルソング? でも日本? ガチャピン? エルビス? ただウケマス。 


 

Barrel

Tue.13.03.2007
もう昨日の事なんですけど、性懲りもなくSurfingに行きまして、行ってきちゃいました、すんません

 波の感じはスーパーホロウって、極浅な水深に、グリグリ、巻き巻きの波が割れてましたとさ。 

 こんな波見ちゃうと、波乗り人としては今着てる服を直ぐにでも脱ぎ捨てて、ここダニーデンでは自殺行為ですけど海に飛び込んでしまいたくなりますであります、隊長

 前々から言ってるんすけど、このサーフィンというスポーツ... いや麻薬は、一度出会ってしまうと一生抜け出せません。 

 


 で、ですね、乗ってきちゃいました。

 待って待って待って、良い波を待って、

「さぁ、これだキ━―━チャ―━―ッ(・∀・)━―タ━―ノ━―!!」

 という感じでウネリに合わせてサーフボードを漕ぎ出す。 

 シモ的に言えばもうInする手前?かな。 スンマセンm(__)m

 サーフボードが走り出したら(うねりとサーフボードのスピードが一緒になると板が勝手に進むんですね)、素早く至福の時へとインサート(あれ、違うか....)、TAKE OFFでした。

 ダウン ザ ラインを描き手を水に入れて波が僕を包み込むのを待つと...

「サー」

 と波の音がやってきて、その後はもう無の世界へといざなわれ、そのまま我慢してもうこれ以上我慢できませんって状態になっると(もう我慢汁一杯です)、 後ろから水が崩れる勢いで起きる風により押されて波の外へと...

[外出し]

いや、違った

「現実への帰還」です。

 
 もう現実とは思えないほど足ガクガク(生まれたての小鹿のように)、 下半身は気力が抜け(何ラウンド今夜は戦ったのかな?...) ww、脳みそは変な脳内麻薬でいっぱい。

 「僕、もう昇天です。」

 
 下に走りすぎてスンマセン、でも、これだけこのスポーツ、いや一種の宗教は気持ち良いものです。 

 実際、生と死をこんなに身近に感じれるスポーツは中々無いと思います。だからこそ、その一瞬一瞬が掛け替えの無いものであり、僕自身、いや他のサーファーを虜にしてるのだと思います。

 「最高の一瞬の裏に実は最悪が待ってるという現実。」

 その際どさが僕を引き付け、僕を放しません。

 波を一本乗るという事はつまり、人生なんですね。 良い波の時もあれば悪い時もある。 波乗りが調子良いときもあれば悪い時もある。 人生に当てはめると、一本契約取れたなりして良く事が回ってるときもあれば、仕事をミスしてとんでもない時もある。 

 まぁ言いたい事は、人生波乗りしてこうよ!って感じかな。 良くわかりませんね。

 とりあえず昨日は一発オッキイの行っちゃいました、波に。

 では、また。

 こんな状態だったので写真は無しです、ついでに、下品な表現心から反省しております、スンマセン。 

 

  

Fate

Sun.11.03.2007
The fate which could say destiny sometines does happen in a life.

It has come to me today, bringing wonderful experience which, I suppose, will not occur in rest of my life.

Today's morning, surf was shit around Dunedin, however, a plenty of ridable waves has got in down the coast. I just asked to myself whether I surf in a crowd with depression or find empty waves with pleasant atmosphere. Of course, my decision was clear that I take the latter.

And all I have got is these pieces of evidence below.

135_3566m.jpg
135_3561.jpg



Well, it is unfortunately a fake but the picture which I put two pics into one piece making them together used by a computer is real.
I surfed with well-matched couples of the dolphin Can you believe that? It is unbelibable but true.

When I dive into the water getting off from my surfboard, I could dedinitely hear that they were having a chat with high frequency, which is amazing. The chat with full of love, I suppose, was obviously delighted me with the unreal experience.

This is what has happen to me on my beatiful Sunday afternoon.

Just imagine how a fabulous thing happens to me.


These are a sequence of my surfing style.

135_3566.jpg
135_3567.jpg
135_3568.jpg


Also, I filleted 4 whole sole patiently. You know how well I am


P1010050.jpg
P1010056.jpg
P1010064.jpg

Well done, Yocke-san

なんだろうな。

Thu.08.03.2007
 今酔っ払ってます。

 毎日が充実し、なにも今の自分の状況にComplainはありません。

 ただ、何が不安かというと、自分には本当の真剣さが足りないんだと思う。 その弱さを知っているはずなのに直そうともせず、毎日を過ごす。本当にそういう部分が自分は嫌いです。 何でなんだろう? 答えが知りたい....

 自分の性格がoptimisticというと聞こえが良いけど、人生辛い部分もいっぱいあるはず、それに対してどう取り組むか? その部分で自分は甘いと思います。 

 「自分を変えたい」

 こういう風に宣言する事で自分にプレッシャーを与えたいと思いま
す。 

 

 二日連続で真面目になりました。 もっと適当(自分らしく)に生きたいな。 それが叶うように今後成長したいです。
 

 
 

...

Wed.07.03.2007
 「僕らはみんな、いろんな大事なものを失い続ける。」

 大事な機会や可能性や、取りかえしのつかない感情。

 それが生きる事の一つの意味だ。

 頭のなかには、そういうものを記憶としてとどめておくための小さな部屋がある。 たとえば図書館の書架見たいな部屋だろう。

 そして、僕らは自分の心の正確なありかを知るために、その部屋のための検索カードを作り続けなくてはならない。

 掃除をしたり、空気を入れ換えたり、花の水をかえたりすることも必要だ。

 言い換えるなら、君は永遠に君自身の図書館の中で生きていく事になる。
                       
                                                By 村上 春樹

 

 また一つ、今日僕の図書館に検索カードが増えました...

 そして、部屋に新しい空気を取り入れたいと思います。



A pretty woman covers Dunnno

Sun.04.03.2007
I surfed today and yesterday, chasing around catching up a couple of good waves through Dunno and found some places to hang out. With a gentle and friendly seal riding on a couple of waves, I surfed excitedly with a range of 3-6 feet waves.

Also, I had beautiful deer sausages, a tender beef steak, an awesome chicken patty and a beet root salad with nice and smooth bloody good beer for Sunday lunch.
Yes, there is too much nice fat containing in them and the evidence apperes on my beautiful belly precisely as the consequence of that. What I do is, of course, more exercise, otherwise nobody notices me who I am.



Well, the sky was gorgeously blue today and yesterday with slight wind, which has brought nice and warm summer in Dunno first time since I arrived in Dunedin.
I just come through my mind when I saw the harmless sky that we should keep the clean environment existing in the Mother Earth as far as we can and, in the end, we can last better quality of the nature and bring more hopeful future for next generation . This is just the assertion from the person who loves nature.



How was my English Diary? It is nice to write the daily things in English on my blog occasionally, eh?
Sometimes I am going to write things on my blog in English from now on. I do not have a hundred confidence on my English writing; however, it is nice to show a part of my English skill as my English practice. Practice makes parfect, right?

OK, mate.

Peace Out and Kanpai for anyone who I love.

Stuart 'the man who was my teacher in a school 4 years ago'
P1000886.jpg

Pretty big, eh?
P1000892.jpg

Crazy psycho kayaker
P1000899.jpg


Under the pics are all me.
00101_RJ.jpg

00127_RJ.jpg

00131_RJ.jpg

00141c_RJ.jpg

Juicy
P1000911.jpg
P1000918.jpg

こんちは

Thu.01.03.2007
 こっちに来ると日々為替の値動きが気になります...

 ある意味ギャンブルであり(個人的にギャンブルはめったにやらないんですけど)、結構エキサイトします。 

 あんまり経済は良くわからないんですけど、今現在、日本では金利アップ、世界では中国による株価の暴落による経済の混乱で、日々為替の動きに影響あるのでは??と期待しています。 ただ円が強くなることを祈るばかりです!!!


 さてさて、本日学校が休みでありまして、来週からIndustry Practicalという(いわゆるインターンシップのようなもの)がクラスで始まることから、挨拶がてら自転車でその会社へと挨拶に行ってまいりました。 

 この授業非常に楽しみです...

 っていうのも、上手くいけば学校卒業してそのまま雇用してもらえるかもしれないんですね。 

 今日はボスと話してきたんですけど、非常に感じが良く、将来的には僕のコースから何人か雇うとの事 そんな話聞いたら俄然やる気が出るものです

 
 プラス、僕が彼の言う英語を理解できていたとすれば、さらにこういう事でした
 

 日本人の自分、プラス鮨屋で働いてたこともありそんなの当たり前の事でしょうと思ったのですが、前に雇っていた人などは結局自分で動く事が出来なく、一から

「あーやれ、こーやれ」

 と言わないと駄目でまったく育たなかったとの事。

 そこで方針転換したらしく、今回というか今後は自分で考えさすように仕事をさせるとの事。

 
 面白いですねー、そういう環境。 

 はい、とりあえず一生懸命頑張るのみです。 僕の取柄はとりあえず真面目にやるという事だと思ってますんで。

 顔は濃いけど根は真面目なんですwww

 では、また

授業中。。。 何じゃコリャ?P1000769.jpg
 いやぁ、美しい       P1000843.jpg
 最後にご近所さん    P1000877.jpg


 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。