FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1500 Journey Part 1

Fri.06.07.2007
自然満喫トリップコンプリート。

走行距離 三日間で1500キロ。
この走行距離 NZ南島のほぼ3分の2くらい?を早足強行ジャーニーしてまいりました。

この旅行、カイコウラという南島 北東に位置するクジラが訪れる町を目標とし、そこまでの過程はもう適当。

とりあえず行く時点の段階で、
友人と
「行く場所どうしようか?」
というゆる~~い感じの旅行。


そんな感じで当日決めた行程は、
とりあえずNZで一番高い山

「Aoraki 通称 Mt Cook」

へと標準を定め、
そして羊飼いの教会(教会の窓越しに湖を風景画のように飾っている教会)がある

「Lake Tekapo」

で野営との決断。

もう、Aorakiは今のところ私のBest NZ風景。
更にはメルヘンなTekapo湖でキャンプと、
聞いただけで胸がドキドキする行程に友人もテンション盛り上がる盛り上がる。

その行程では雄大な自然に囲まれて
軽い昼食とコーヒーを飲み、長い運転の疲れを癒しながら目的地へと!!!
P1030520.jpg


P1030533.jpg

そして、到着したAoraki。
もう最後に訪れてからかれこれ4年と半年。
その行く素晴らしい行程、そして僕の中に存在する微かな、しかし力強いそのAorakiという記憶。

これは訪れた今回も何も変わらず、雄大にその場にそびえていました。
残念な事にその頂上は見ることは出来ませんだしたが、その風景はとんでもないパワーを秘め、私に活力を授けていただきました。
P1030544.jpg

P1030558.jpg

その後は夕焼けになる前にTekapo湖に急ぐも、
残念ながら間に合わず、しかし無事にキャンプイン。

このTekapo湖はホントにベタですが結婚式を挙げるにはよろしいかと。
写真は2002年の思い出より。
IMG_0317.jpg

       IMG_0281.jpg


さてやはりキャンプの夜は友人とのワイルドデナー。
何が楽しみってこれが旅行の醍醐味であります。

今回は貧乏ジリ貧旅行も満足させたいと言うのが僕の信念。
よって、Aoraki道中で立ち寄ったサーモンファーム。
つまりはサーモン養殖場で1.7kg程の重さのサーモンを購入し、
今宵の夜は盛大特盛り純和風なサーモンパーティー。

4年前も同じところで購入したこのサーモン。
味はお墨付きです。
しかしながら、前回は捌くのがヘタクソで魚はボロボロの始末。
残ったのはサーモンどんぶり2杯分と少しのみという素晴らしい大きさだったのにもかかわらず最悪な結果。

しかーーーし、
今回は違います。
わたくし、端くれながらもいっぱしの捌きのプロと言う事で、
切れない超短刀ナイフと半端じゃないヌメヌメに苦戦するも作戦大成功。

半身は刺身に、
そして半身はオーブンへとスライド イン。
こんな豪勢なデナーはそうそうにありません。
P1030561.jpg

これら二種のサーモン定食をお酒のつまみとし、
友人とテントで下らない話をしながら夜更けの晩餐会が続くのでした。
P1030564.jpg


自然に感謝感謝感謝の初日でした。

では後半はまた次回。


スポンサーサイト

<< 1500 Journey Part 2 | home | Act Now >>

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。