FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七色カーテン

Tue.24.07.2007
変だな。僕のシックスセンズリではかなりヤバイ天気が来るはずと言う指示が来てるのに
今日も昼から日が出てホンワカした陽気でした。

今日は授業中に課題を終わらしたから午後はある程度余裕を持てた1日。
とりあえずそれならばまず向かうのはもちろん

「海」

でも、今日は波が大き過ぎ、潮の流れが早すぎでサーフィンには適さない海のご様子。
しかたなく海は諦め帰宅の徒についたのですがその途中、
空を見上げると七色の雲。
        P1030676.jpg


まっ、御察しの通りそりゃぁそんなのわたくしが見たら、
僕のカメラマン魂に火が点火しないわけない。
P1030702.jpg

ボーボー燃え上がったその天才カメラマンよっけの熱い魂が鎮火したのは
風吹き荒れる夕日が落ちた時なのでした。
P1030683.jpg

P1030688.jpg

P1030720.jpg


自然の表情には時に同じもの無し。
感謝、地球。
P1030724.jpg

スポンサーサイト

<< Beach Style | home | Good Starts >>

comment
omoroi
オモロイアルヨ。
ソノシャシン。
ドウヤッテ、ソンナシャシントレルアルカ?
ヨッケガギャッコウデクロイアルヨ。
ソレモマタイイカンジアルネ。
ウチノオッカァシャシンズキアルネ。アサヒカワニイルアルネ。
ヨッケノシャシンショウカイシタアルネ。
ヨイアルカ?
クドイ
何故になんで見事に全部カタカナ?
すんげぇ読みにくいっス。 
そして何故にチャイナさんに・・・

頑張って読ましてもらいました。途中くじけながらも。


雲の写真綺麗ですよね。この雲は昨日2時間ほど北の空に見えていました。
僕自身は写真の腕がなくても被写体が良いから良い写真になっちゃうんですね(恐縮)

勝手に写真使ってください。
そして僕をジャニーズ事務所に入れてください。
Wow...
イイネーイイネーイイネー☆
キレイーキレイーキレイー☆

7色の雲もすっごい好きだけど、上から4枚目のもなんかすごくイイ!

前も聞いたかもしれないけど、ヨッケくん、なんのカメラ使ってるの???写真好きの私にはすごく気になるところ。良い色出してるよ!(もちろん撮る側の腕もね!)
ほう。
よっけさん、いつも不思議だったのだが、誰があなたの後姿を撮っているの??
この雲不思議だね。天災が起こらないといいね。
とんでもないですよぅ
★Yuiさん★

いやぁ、Yuiさんのモンゴルの写真には負けますよ。

この日はほぼ二時間ほど風が吹き荒れる中でただひたすらに写真を取ってました。
お陰で数打ちゃ当たるじゃないけどそこそこ納得いくのが撮れました。

カメラですがLUMIXのFZ 50です。
一眼が欲しかったのですが、サーフィン写真メインと思って買ったのでズームが効くこのカメラを買ったんです。 Focusもマニュアルだし、ZOOMもリングなので撮影スタイルはほぼ一眼と変わらないです。しかしながら一眼にある色の深みが多少弱いですね。でも全体的には良いカメラだと思います。
まっ、ヘタクソなりに良い写真を残していきたいものです。
★makiさん★

もちろん妄想の中の彼女と。

ってそれを聞くのはご法度です。
この撮影のバックグランドはひとしきり寂しいものがあるのです。

誰か僕をお婿に迎えてください。

天災かぁ。
この写真で天災には結びつかなかった。
日本も台風、地震と大変だしここNZも以上です。
もう地球はヤバイのです。
すげーすげー
最高やね!!
こんなの見たら泣いてしまうわ。

思い出すわ。
一個目のホストの家の前の牧場の道を歩いて歩いて道の行き止まりまで行ったら街を見渡せて、空が近くて。
空を見て、頑張ろう。
って思ってた。

空も地球も何もかも、いつだって素敵やのにね。
六本木にも色がある
★ご機嫌いかが? ゆりこ嬢★

NZにいるといつも空を観察してしまう。
俺の住む町は特に高い建物がないから空も広いしね。
今はDunedinの建物さえも高く感じてしまい、圧迫感を感じるのです。

そうね、今写真振り返ってみたけどだいぶ空が近く写真でも感じれるね。
ただその
「空の下にいる」
と感じられる瞬間が俺も気持ち良い。
半分中毒だし、この歳になってそれを楽しめるようになったのが今は幸せです。
あまりにもこんな自然の美しさがこの国にはありふれ麻痺しがちになるけど、ホントはこれは掛け替えのないものなんだよね。いつまでもこの自然の造形美が続くのを切に願います。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。