FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空高く

Sun.12.08.2007
ひとつの命の誕生は人に 「感謝」を与える。

ひとつの命の成長は人に 「喜び」を与える。

ひとつの命の笑顔は人に 「勇気」を与える。

ひとつの命の煌きは人に 「優しさ」を与える。

ひとつの命の葛藤は人に 「経験」を与える。

ひとつの命の終焉は人に 「真実」を与える。


一緒に喜怒哀楽した天真爛漫な娘が一昨日旅立ちました。

ありがとう。
今は心の整理がつかないけれども、一緒に過ごした日々は掛け替えのない毎日だった。
お前は皆に愛され、人に喜びを与え続けた一生だったよ。
動物かもしれないが、俺にとってもお前からは掛け替えのないものをもらったと思う。

ありがとう、本当にありがとう。

いつもお前は俺の心の中に生きてるよ。
        101-0144_IMG.jpg

          P1000059.jpg

P1000567.jpg


でも、甘え上手のお前が家にいないのは寂しすぎるよ。


スポンサーサイト

<< 次の一歩 | home | ほんわか >>

comment
かわいい~~~
寂しいけど思い出が沢山あるんだろうね。
我が家にもかわいいぼくちゃんが居るからいつか・・・と考えると寂しくなっちゃう。
命あるもの、かならず終わりがある。
家に帰ったらnzでの話をしてあげてみては??
そうなんだよね
★makiさん★

年取ってから走れなくなってしまったんだけど、気持ちはいつまでも若く俺がNZに行く前も全然元気だったからね。
まぁ、心の中ではある程度覚悟はしていたんだけど。

そんなこんなで犬は一年のうちに何歳も年を取ってるんだなぁと痛感しました。
そんな彼らの一日は俺たち以上に大事なんだと。

ここでは書けない色々な偶然のような背景が今回の出来事にあるので、それらをひっくるめてひとつの運命だったのかと思います。

まぁ、歳取ってから走りたくても走れなくなってしまったから、天国では大好きなボールを昔飼っていたもう一匹の犬と一緒に追っかけている事を願うのです。

あー、駄目だぁ、こんな事書いてるとまた目に涙が溜まってきてしまう。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。