FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にとどめておくこと

Thu.06.09.2007
かれこれ実家に住む犬が旅立ってから一ヶ月が過ぎようとしております。
自分の中で既にある程度心の整理はつき日々を過ごしていたのですが、
僕の中でしこりを残したまま彼女を忘れたくないからどういう状況だったか知りたい
という事で日本の母に事の詳細を書いた手紙をお願いしていたのですが、
本日写真と共に日本から僕の下に到着しました。

真実を知ることは僕にとってもやはり辛く、
私の母にとっても手紙を書く事で過去の思い出を掘り起こす事は
とても苦痛だった事でしょう。

生き物の死とはやはり自分にとってどれだけ繋がっていたか?ということ
なのだと思います。それは人間でも。
日々のありきたりの毎日の中で常に一緒にいて、空気のように大切なのに
その有り難さを忘れがちになるけど、でもそれは掛け替えのない存在。
遅過ぎなのかもしれないけどやはり死という現実に直面する事で
初めて分らされます。

でも後悔はありません。
与えられる愛情はいつも与えていたと思うし、一緒にいる事で与えられる事も多かった。
弟、妹がいない自分にとってもある意味生き物の難しさを教えてもらう
とても貴重な体験でもあった。
そして与えられた経験は次に繋がっていきます。


しかしながら母の粋な土産には笑った。
島根の縁結びの大神出雲八重垣神社より縁結びのお守りを頂きました。
すんげぇ願かけてきただって(笑)
僕もいい歳になってきたし落ち着きたい気持ちが出てきたのは心境の変化かな?
P1040260.jpg

スポンサーサイト

<< ふとした疑問? | home | salmonella dub  「heal me」 >>

comment
お守り、ご利益あるだろうね♪

死とは辛くもあり、また新しい始まりでもある。
彼女のことはきっと忘れられないけど、心からありがとうと思えば笑顔で成仏することができるんじゃあないかな゚ヽ(*´∀`)ノ
なんて、何様だよ的発言ばかりでごめんなさい。

★makiさん★

うん、教えて彼女にはもらう方が多かったかな。だから悲しいのは悲しいけど次のステップに繋がっていくと思います。
これから生きていく中で死というものをどんどん経験していくわけだけど、悲しみが生まれることで色々気付かせてくれるのでしょうね。

お守りはどうなんだろう?
とりあえず今の状況を打破しないといかんかな?
まぁ、ありがとうだね母のお節介。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。