FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

...

Wed.07.03.2007
 「僕らはみんな、いろんな大事なものを失い続ける。」

 大事な機会や可能性や、取りかえしのつかない感情。

 それが生きる事の一つの意味だ。

 頭のなかには、そういうものを記憶としてとどめておくための小さな部屋がある。 たとえば図書館の書架見たいな部屋だろう。

 そして、僕らは自分の心の正確なありかを知るために、その部屋のための検索カードを作り続けなくてはならない。

 掃除をしたり、空気を入れ換えたり、花の水をかえたりすることも必要だ。

 言い換えるなら、君は永遠に君自身の図書館の中で生きていく事になる。
                       
                                                By 村上 春樹

 

 また一つ、今日僕の図書館に検索カードが増えました...

 そして、部屋に新しい空気を取り入れたいと思います。



スポンサーサイト

<< なんだろうな。 | home | A pretty woman covers Dunnno >>

comment
なんか久しぶりに来たら陽介くんが詩人になってる!!と
ビックリしたら、引用だった。
深いねこの詩、でも俺は最終的には図書館から出て生活したいなぁ~笑。
 Gidday, dan君

 期待に答えられなくてごめん... 村上春樹からの引用です。
次回というかその内に自分の詩を載せようと思います。

 図書館、自分の中でこの言葉を深く考えると、良いことも悪い事も一つの自分の中での起きたこと。
 つまりは捨てる必要もないし、大切にとっておいて次のステップにその引き出しを引き出して同じ間違いを踏まない、もしくはより良くしていこうと考えてます。
 今酔っ払ってます。 良くわからないけど、今を一生懸命生きます。そこには決して無駄なものはないから。

 本当にこの文は深いです。 ただ、自分の行動に後悔はしたくはない....
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。