FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏への序曲

Thu.04.10.2007
一昨日ほどから天気が不安定な日が続いています。
それでも、その合間を縫って晴れ間も出ているのがNZらしいですね。

ただこの不安定な天気。もう夏へのスタートラインにNZが発っている
証拠とも言えるのかもしれません。


さてさて、そんな中の天気に合う?詩を今日は書こうかと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

夏は冬にあこがれて Summer dreaming of winter

冬は夏に帰りたい  Winter looking for summer

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


この詩がいつも我の心の奥底に何故に、何故か?訴えてきます。

もちろんこの詩は我のものではありません。

でもどこかで何だかよくわからないのですが府と自然を感じる時
いつも頭に流れます。

P1040727.jpg

スポンサーサイト

<< Rainbow Surprise | home | 我が波乗り珍生 >>

comment
あ~ いい写真。
黒がいきてますね。いい黒です。

わたしは 夏は冬におびえ
      冬は夏に恋焦がれ

です。寒いのキライ!

でもニットやマフラーのほっこり感は大好きです。
今日ことし初めてのニットをきてなんだかわくわくしてしまいました。

こっちはめっきり秋めいてるのによけぴーは夏を感じてるのね。不思議。

とりあえず秋は大好物の栗が食べ放題でうぽぽさきはご機嫌です。
★うぽぽさき嬢★

この詩、Off Courseの「夏の終わり」という唄の一片です。
リズムと共にこの詩がいつもくるくる廻っちゃうんだよね。
この歌詞は冬と夏という両極端の季節の思いを書いてると思います。

ところで私、実は濃い顔していながら夏より冬の方が好きなのです。と言うか日本の暑さに耐えられん。せめて日陰くらい休ませてくださいよ日本!!!
そしてやっぱりファッションは重ね着で差がつく、なんてね。

写真はどうだろう? うまく撮れたかなぁ? 最近は撮りたい画を見つけたのでその瞬間が現れる機会を待って、また良い写真を載せれたと思いますよ。待ってておくんなまし。

栗ねぇ、こっちNZは春夏だから真逆だけど、もうそちらはそんな季節なのね。でも栗は自分からは食べないなぁ。やっぱ秋刀魚が恋しいですよ、わたくし。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。