FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重みのある言葉

Mon.05.11.2007
昔から持てはやされ、メディアからは次世代の●○みたいに言われて来た人間が、
結局中々芽が出ずに人の記憶から消えていく。

そんなことはスポーツの世界に限らずとも多々ありますね。

人間60億人。その中から表の輝く世界に立てるのは限られた人のみであり、
それは昔から「天才、天才」と言われていても、結局はそんな人達でも
トップを掴む為には努力が必要であり、
小さい時からメディアで持てはやされて、そういう輝かしい所しか見られない人達でも
裏では玉の汗を欠いて努力しているから
最後はそうやって輝く事が出来るんですよね。

世間からのプレッシャーの中、上に行ける筈と言われてた人間が
その下部で喘ぎ、もう駄目かと思われ始めた中で掴んだトップへの階段に挑戦できる切符。
結局その中に入った瞬間、いざ蓋を開けてみればその本人は世界のTOP10に食い入る活躍。

そこから出る本人からの言葉は、

「Whenever it happens, it happens. Let's come and play it」

「起きた事は起きた事でそれは受け入れ、やる事をやるだけさっ」

ってな感じかな訳すと。あってるかな?

なるほど。中々そうやって喘いできた人間の言葉だと説得力がある。
とは言えその人自体はあまり好きではないけど。


しかしながらアンダーグラウンドに、そして全くメディアに取りざされることも無くも
命懸けで生きてる人間がいる。

彼らはその特別な時間を得る為に日々努力し、そしてその時を待つ。
そんな人種もいるのです。

我も決してそのようなメディアの一線に立たなくも、
そういう風に命懸けでその特別なものを、一度でも挑戦したいものです。

Dunedinの恐ろしい波に挑戦するDunedinローカル。

P1050371.jpg

P1050372.jpg

P1050373.jpg

P1050378.jpg

いつかはこれに・・・
サーフィンやってる人なら分ると思うけどかなりヤバイ波です。
全体的な水深はわずか腰程の深さぐらいかと。

スポンサーサイト

<< モ~ウ牛 | home | 光のイタズラ >>

comment
えっ!ダニーデンでこんな波あるの!?

あったら頑張って~!!
本とすんげぇ波!
よっけ君もこんな波に飲まれてしまうなんて・・・。恐ろしい。
だれも、飲まれるとはかぎらないよね。
きっと、よっけ君なら波を飲んでしまうんだろうな。
って、おぼれるじゃんっ!
★makiさん★

Dunedinの波ですよ! でも、見事にmakiさんは他人事の応援ですねぇ(笑)
とりあえず、これに乗るのを目指したいのですがこれまた
一つ頭の思考のネジをどこか抜かないと一生無理な気がします。

★オタさん★

見るだけでもおなか一杯な波です。
基本普通の頭の人だとこの波に乗るのは無理です。
この波に乗ったある人は骨折し~の、気絶し~の、あとはもう言えません・・・
とりあえず海の前に人生の波を乗りこなしたいものです。
それからだったらいくらでも溺れちゃおうかな!!!
アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。