FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111

Sat.12.01.2008
昨日の日付は1がみっつ。
良い波の11にもうひとつ1がくっついて、いい~~~い波。車の走行メーターも12111kmとニアピン賞。

そんな日は素晴らしい波になるはず!

昨日は友人と飲む前にその友人と最後?の波乗りに行ってきた。
自然の神様はやはりそういう時には絶好のシチュエーションを与えてくれます。

シェアする波は昨日の荒々しい海とは一変したスムースな海水面。
西に落ちゆく陽射しが水面を照らし、シリンダー状の波のフィルターを通して光が緑色に変化していた。

そそり立つ波の壁は延々と続き、体を

「Green Room」

の中へといざなってゆく。
P1060575.jpg


我はただ体をその波に体を合わせるだけ。
波が我を飲み込んでも、その一瞬の快楽の原型が痛み、苦しさを乗り越えて存在していたりするように
ただ身を任せるしかない。
でも、そこから学ぶ自然の力強さと自然に対する敬愛がまた我を沖へと向わせるのだと考えます。
哲学的に言えばかな?

まぁ、単純に

「超、気持ち良いんですよ」

そんだけ。


少しでも自然を知る事で唯一無地の「瞬間」「快楽」を得られる我は幸せ者です。

P1060576.jpg


スポンサーサイト

<< なめらか、でも狂気的な水のカーテン | home | 虚空間 >>

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。