FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めで鯛

Mon.10.03.2008
昨日は寿司屋へ~。

何が我の好物って言ったら寿司以外はありませ~ん。
あまり寿司屋では良くない事だけど、どっしり腰を据えてカウンターで魚をあてに
ゆっくり日本酒、焼酎を飲んだのさっ。

まぁ、それも許されるのも馴染みのお店、そもそも我が働いていたお寿司屋さんだから
気兼ねなくその豪華な時間を楽しんだのです。


でっ、寿司屋でいつも楽しみなのは寿司もそうだけど、小鉢でのおつまみも楽しみ。
その中でもやはり小鉢ではないが魚の頭は外せません。
特に鯛はうまいねぇ。
鯛の場合は生よりも焼きの方が我は好きです。

P1070119.jpg

そしてその鯛のエラ周辺にある骨を

「鯛の鯛」
madai.jpg

と言うのをご存知でしょうか?
その骨は「めでたい鯛の中にあるもの」
縁起物として財布に入れるとお金が貯まると言われております。


魚には色々と出世魚や、縁起物、他にも皮肉のような意味を持つなどおもしろい言われがありますが、
NZでもマオリ語には植物などに意味がありましたがそういうのは日本独特の文化ですよね。
アジアの方は分りませんが西欧でのカクテルとかの名前やその意味を聞くと
どこかお洒落でユーモアのような感じが詰まってる感じがするけど
日本の文化はどこか、神的で土臭い感じがします。
スポンサーサイト

<< 思考の交錯 | home | 迷い時 >>

comment
いいな~カウンターのお寿司。
食べたいです。食いしん坊的には。

それにしても鯛の骨の話、そうなんだ。
勉強になりました。
★makiさん★

カウンターで気負い無く食べれる場所があるってとても恵まれてる気がします。
でも、他の店、それも行った事が無い寿司屋は僕も静かです(笑)

このネタも僕が知る数少ない豆知識よ。 寿司屋では少し通気取り。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。