FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一の藤の花

Sat.03.05.2008
元気ですかぁーーーー?


我は空元気です(笑)

今月始めよりゴールデンウィークに入り6日間連休でございまして、
色々な身辺整理には良い時間を過ごしています。


そんな自由な時間に我が今住む町埼玉県をちょっと散策。
そしてそののどかな風景に癒されたのでした。

少し自転車で足を伸ばして、
東武野田線にある「藤の牛島駅」へ。

ここは名前の通り藤の花で有名な場所であり、
日本で唯一藤の花で特別天然記念物になっている藤壇がある場所。


この藤。
樹齢1200年らしく、その樹齢にまさしく見事な藤でした。
P1070235.jpg

P1070240.jpg

ghjg.jpg

sdds.jpg



さすがにここまで生きる藤。
人々が祈りを奉げるのもわかる気がするほどの圧倒的な見事さでした。

宗教的な意識がこの木に生まれてくるのも確かにわかる気がします。
そして、それだけの訴える力がその木から発せられてるとも言える気がしました。


言葉では言い表せない凄さ。
一度皆さんも訪れてみるのをお勧めします。


その後は、自転車でぶ~~~らぶら。

たんぼでおばあちゃんが腰を曲げて田植え。
その腰の角度にリスペクト。この人間の進化が大変な苦労を物語っております。
P1070265.jpg


そして鯉のぼり。
これも日本の風物詩であり情緒があります。
意味はなくしてこの鯉をあげていた訳ではなく、我はその意味を知らないけど心は癒されます。
P1070275.jpg

見事です。
スポンサーサイト

<< Gidday Buddy | home | 良い日雨の日 >>

comment
あたくしも、足利にある藤の花は、毎年見に行ってます。

昔は花に無関心だったけど、働くようになってから
花を見るのが好きなりました。

癒されるよね。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。