FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の糸とは偶然に、とも必然に。

Tue.04.11.2008
最近は忙しい。
適度に遊んで、でもやっぱ忙しい。


眠い、でも色々考える。
そんな感じ。


今日は夜の仕事の明けに軽い仮眠をとってお買い物。
代官山に向かう。

一時期離れていた時期もあるけど一番東京で買い物する町としては。
中目黒、代官山は一番のような気がする。

「HRM]

ハリウッドランチマーケット。
時代に流されず独自の路線を行く代官山の老舗。

ひいでて値段が高い訳では無いけど、手を出しづらい。
そんなお店。
微妙に店自体が個性を主張してるし、店員のファッションも個性がある。

そこのコンセプトを受け継いで?なのかは分らないが、
他に支店のようなものが何件かこの界隈に集中してある。

「OKURA」
「High Standard]
「TOLL FREE」
「Golden Gate」


僕はその中でも
日本の藍染を基調とした「OKURA」には高校生の時よくお世話になった」。
そのスパイスにアメリカアウトドアの「High Standard]と
ヨーロッパテイストの「TOLL FREE」ってな感じ。


今思えば、そこに費やすお金があるならば、もっと広い世界、
旅などをしていたならば良かったなぁという後悔もあるが、



でも、ここの空間に自分の身を置けた自分がいたのも良かったんじゃないかと思う。
流されない、どこか自分の個性が出せる自分の表現できる武器を提供してくれる場所として。



まぁ、前置きは長くなったとして、
久しぶりに「TOLL FREE」に今日お邪魔した。

かれこれそこにあるお店のカットソーをのオリジナルを愛用して5年?かな。
もう、脇の下も擦り切れて穴が開く状態だったので同じ物を求めて駄目基でお店に向かったら、


あるではないですか、
その僕が求める全く同じ生地の色違いではあるがカットソー。

ただちょっと大き目のLサイズ。
しかし、その一点以外もう品切れ。




買いました。


だってそれに心底惚れてしまってるんですから。
たかがカットソー。
でも僕にとっては最強の武器だから。



ただ嬉しかった。

店員さんも僕が15の時から通いだした時には既に代官山に身を置いてる人で、

「長いですね」

と、

このカットソーの思いと共に会話の序章を始めたら
会話は弾み、嬉しくなった。



Kyte  [Planet」
スポンサーサイト

<< 秋の神宮 | home | だから僕はオバマ支持 >>

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。