FLoATING IN DUNNO

-the atmosphere of Dunedin-

プロフィール

Yocke san

Author:Yocke san
Welcome to my blog.
I hope I could tell you what Dunno is like, the city located on the deep south of New Zealand.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の晩餐

Wed.16.01.2008
最後の最後に
猟奇的な波に遭遇した。

言葉で表すよりも、写真が語ってくれる事でしょう。
場所は公表する事は出来ませんが、恐ろしいほどおぞましい波。

それはこの世にひとつとない自然の造形美とも言えます。

142_4272.jpg

142_4286.jpg

142_4258.jpg

142_4263.jpg




なめらか、でも狂気的な水のカーテン

Sun.13.01.2008
前にも一度書いたと思うんだけど、
波の水面がトローンと艶めかしい感じという表現をしたかと思います。違ったかな?

まぁ、それとは逆に今日は凶暴でトゲがある。でもとても美しい波がDunedinをヒットしていました。
まるで「叶姉妹」のような?

一昨日の波のうねりが一度一段落して昨日は小さなうねりとなりNo Surf。
そして、今日新しいうねりが南極を通る低気圧により発生。
Dunedinの海岸線をうねりが連立して打ち寄せDunedin Surfer達を狂喜させたのでした。

一日でこれだけ変化する海。山と一緒で本当にコロコロ色々な表情を見せてくれます。


本当に今日の波は大きかった。
波にもよるけど、家二階建ての大きさくらいの波も来ていて、そんな波が来れば一か八か
一生懸命水をかき猛烈Take Off。
それとも波が崩れるところよりも手前にいれば必死の形相で高速パドリングの回避行動。

波の間隔が結構長いから後者になる事はあまり無かったのだけど、それでも波を乗り終わった後に
また元の場所にに戻る最中。沖に来る波がヒラヒラ崩れる寸前。そんなの見ると「ハァ~ッ」と溜息と共に、
数秒後には波にふき飛ばされ、まるで鳴門海峡の渦に飲み込まれたように水中で上下左右どこなんだか・・・

明日から南へキャンプ件、サーフィンに行ってくるので、まぁ良い度胸が今日は付きました。
自分のサーフィンの課題もわかったしそこの点も修正してこようっと。

美しい。
00282_RJ.jpg

左と右の人の違いを見てみましょう。その後ろにはさらに大きな波が・・・
00286_RJ.jpg

危機一髪。
00287_RJ.jpg

よく見ると、人が中に!
00298_RJ.jpg

お粗末Yocke
140_4040.jpg

お粗末Yocke2
140_4045.jpg



111

Sat.12.01.2008
昨日の日付は1がみっつ。
良い波の11にもうひとつ1がくっついて、いい~~~い波。車の走行メーターも12111kmとニアピン賞。

そんな日は素晴らしい波になるはず!

昨日は友人と飲む前にその友人と最後?の波乗りに行ってきた。
自然の神様はやはりそういう時には絶好のシチュエーションを与えてくれます。

シェアする波は昨日の荒々しい海とは一変したスムースな海水面。
西に落ちゆく陽射しが水面を照らし、シリンダー状の波のフィルターを通して光が緑色に変化していた。

そそり立つ波の壁は延々と続き、体を

「Green Room」

の中へといざなってゆく。
P1060575.jpg


我はただ体をその波に体を合わせるだけ。
波が我を飲み込んでも、その一瞬の快楽の原型が痛み、苦しさを乗り越えて存在していたりするように
ただ身を任せるしかない。
でも、そこから学ぶ自然の力強さと自然に対する敬愛がまた我を沖へと向わせるのだと考えます。
哲学的に言えばかな?

まぁ、単純に

「超、気持ち良いんですよ」

そんだけ。


少しでも自然を知る事で唯一無地の「瞬間」「快楽」を得られる我は幸せ者です。

P1060576.jpg


Goody at Black

Mon.07.01.2008
可能な限り海に浸り、

太陽と水を感じ、残りのわずかなここNZ生活を楽しんでおります。

昨日、海から眺める夕焼けは海水面を明るく照らし、

「あぁ、もうすぐでこの日常が遠くなってしまうんだなぁ」

と感じつつ、でも心をスッキリさせてその後のBBQに繰り出したのですが、
う~ん、いまいち自分の立場というものが何だかなぁと感じた。

特に、一人の友人には恐らく嫉み、嫉妬からくるだろう自分には無いものを持っている彼に
我は余計な事を言い続けた。
酔払った席だけど、だからこそもうしないようにと思っているのに裏腹な自分。
嫌になります。

まだまだ子供です。
そして、その友人には「ごめんなぁ」

話はそれましたが波は中々よろしゅうございました。

00275_RJ.jpg

写真は昨日のお昼より。

Good Day & Photo for Surf

Sat.05.01.2008
気持ち良い天気

なので、

朝のうちに少し波乗りに行ってきました。
波はあまり良くなかったけどフラットメートが写真を撮ってくれ(撮れと強制)、
快晴青空の中海にプカプカ、本当に気持ち良かった。

139_3987.jpg

139_3993.jpg


しかし、
あまりに波が悪く、ストレスが溜まった。 
Waves were so boringで、時には

139_3989.jpg

こんな事もあり~の。
まぁ良い写真が撮ってもらえたので良しとしよう!!!

っと思いたいけど、
ハッキリ言って海の中での気持ちは久しぶりに

00214_RJ.jpg


であるのでした。

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。